Draft: My Funny Valentine

そういえば、このブログの副タイトルは
「世界をまあるく収めたいTBTが酒の勢いで書くブログ」である

まあるく収めるからには、本人も相当まあるくないとなのですよね。まあいろいろまあるいんですけど、でもそれなりに尖っていて苦労、というか無駄に損をしているときもある

だが、だが!バレンタインデーに関しては、ずいぶんとまあ、前より
まあるく考えられるようになった。

なんかもうここまで書いても「すげえどうでもいい投稿だな」とじわじわと感じてはいるものの、
一方で、一人のミレニアル世代にとっての「バレンタイン」という体験が、四半世紀でどのように変化していったのか、これを追ってみるのはある種史的な気がしてならないである。ということで、つらつら書き留めることにする。

Draft:これまでのバレンタインを時系列に振り返り、贈与関係に対する感じかたの変化を追います たぶん

…廊下に落ちてる手提げ袋

…アイツバレンタインの時だけオフィスいるよね

…こういう味がするんだ、ケーキって……

…これ、返さなきゃ行けないの?ここで贈与の関係が生まれるの?

…屋上でバラの一輪挿しとパスタ作ったお前

 

そういや今年は男性社員からクッキーを一枚もらった。ちょう嬉しいよねそういうの。

そういやさりげなくこんなダンディな人の写真を載せたが、知っている人はいるのだろうか?

答えはバレンタインの本質(のひとつ)でもある「贈与論」、そうこの人は贈与論の男

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中