2016年音楽まとめ

2016年。今年も音楽を続けられたなあ。感謝おどろき

最近指先の衰え(肌的にも技術的にも)を感じて辛いけど、まあなんとかなるだろう。練習を続けるのみである。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Facebook曰く

新しい友達が128人できました

!!!?再会、もあるにしても…一年生にならんでも友達増えるということですな。んでもってこの数が示す通り、音楽でも、そうでないシーンでも、たくさんの出会いがあったわけである。「友達のバンド」にも比較的多く足を運べた…気がする。もっと羽のようなフットワークを磨きたいですな。(仕事もスマートに)そしてまあ野暮ですが出会いの数だけ発見とか反省とか、展望が生まれまして…ここではまあバタバタしながらも2016年、音楽について考えたことを殴り書く。

いやあしかし新潟県長岡の酒はンメェ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2016年繋がれた粋な音楽

本当はもっとたくさん出会いがあるのだが、一部抜粋で何かしらの形で繋がりを持たせていただいた音楽をメモ(あいうえお順、敬称略)

おはぎバンド …1970年代に活躍した「CORN BREAD BROTHERS」が現代の日本人ミュージシャンらに転生したCity Popバンド。サックスのZuccaは大沢野鳥の会でいつもぶいぶいですが、こちらでも同様。ボーカルの方にはチーっすな感じで仲良くしてもらっちゃって、素敵な夏の思い出ができました(@大沢野鳥の会2016年9月白浜合宿)

Jazz Klaxon …ホーンセクション+オルガントリオ+パーカッションで構成されるジャズファンクバンド。バンドの一体感、かちっ&リリースでグルーヴをコントロールしてる感じ…すごい。パーカスのYuntaさんのリズムワークショップに一度参加させていただいたときも、楽しかった。複雑なリズムは確かに難しいんだけど、感じ方を変えた瞬間初心者が習得出来たり、新たな聞こえ方がしたりするんだなあと、発見がでかかった。

特典と捺印 (youtube) …今回はポストロックのコピーでステージに上がった、3ピース飲んだくれバンド。TBTはベースでごりごりしました。来年はもっとジャムをしたい。今年は何回もしたのに、何回も録音を失念している。動画前半はクラシカルでサイレントな感じですが後半爆発してますので注意して御覧ください。

西アフリカのリズム (過去記事)…ブログで以前書かせていただいたのだが、西アフリカのリズムを口承いただく機会が3~4回あり、これが衝撃というか、いや、リズムも衝撃(頭が分からない・全部「陰陽」の陽・やってるときと横で聞いているときとで全然違く聞こえる・楽譜ってなんなんだ…等など)なんだけど、自分が「心地よい!」と思える時が訪れた衝撃がベストオブ体感。これをバンドでも生かしていきたし。

Hiro-a-key …世界中を飛び回るHip-hop, Soul, Rockを歌マルチシンガー。声の美しさはもちろん、歌詞の乗せ方とかシラブルの使い方とか、超かっこいい、日本語かっこいい!とライブで拝見してTBT目から鱗。うーん、もっと見たいandいつか一緒に何かやってみたい…(願望)

Mime …ブラックミュージック+Japanese爽やか、演奏者みんなシンプルだけど見せ場ありかっこよし。ドラマーが会社の同期。あんなふざけたやつなのに音楽も彼の仲間もSo Cool。同期はたまに会えれば嬉しいけどとにかくボーカルのひかりちゃんとカラオケに行きたい…(願望)

モミーFUNK! …べ、ベースがいないっていうのが悔しい…James Brown節盛りだくさんなのにキャラ立ちしすぎな3名のとにかくFunnyで完璧なるFUNK!!!!ライブいった方が何倍も楽しいの分かっているのについ動画をみてしまう…こちらもやはり言語ってリズムって面白い、人間万歳!と好きになった。

Lidly…Beat Maker*、友達は「マジシャン」って言ってました。パフォーマンスがまさにマジカル、それと同時に、きっと心掛けられているスタイルはシンプルに、程よい色彩で、なのかなあと、感じました。温泉につかっているような心地よさと、ライブの高揚感が両方あって気持ち良い(そういや最新参加作品SICHTEXOTICA IIIでは、例の同期もTiMTとして参加…!)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

やった音楽と考えたこと

DAGAKKI(パーカッション/キーボ/ベース)で乗っているOsawa Birdwatcherz/大沢野鳥の会

今年は、2/5/7/10月に計5回のライブそれなりに活動。そして何よりも、大胆でディープでいろんあアプローチを魅せるDJ、大塚広子さんが監修されたコンピアルバム”PIECE THE NEXT JAPAN BREEZE“ に選曲 頂いてしまい…メンバが長年追求してきたものが、また改めて、外に向かって表現できたのかなあなんて感じた。

今年はさらに、合宿や数多くの練習と対話を通して、メンバの作りたい音楽もますます激しくうねってたのでは!現在は3rdアルバム作成に向けてねりねりしているわけである。もちろん、その過程にはいつもメンバだけでなく、DJ Shima、Soul Matters の支え&インスピレーション、先ほどご紹介したミュージシャン方との出会い、日々のご理解、おいしいごはんのおかげであって…つまり

いつもありがとうございます

引き続き頑張ります、よろしくお願いいたします、ということである。

やったこと、といえば、野鳥だけではない。上記リストに挙げた特典と捺印もそうだし、8月には母校であるT山高校のブラスバンド部合宿に5年ぶりくらいに行って、OBバンドなるものに乗せてもらった。久しぶりに会うマイメンらは、ジャズやファンクで腕を挙げていて、恐縮せざるを得ないところがあったが、吹っ切れて好きにゴリゴリしていたらうまくいったところも増えたし、PAを務めていただいた大先輩に怒られた。(笑)**

自分もいろんな先輩に音楽を教えてもらったし、それならやるしかないじゃんかねえ。あと先輩っていうのは「ただ少し先に生まれただけ」であり、またそれ以上でもあり、それ以下であることもあるとも思うわけで、同じ音楽メイトとしては、まずはあーだこーだ悩まないで「音楽できるならやる」を徹底すればいいんだな、と腑に落ちた。

楽器はベースもパーカスもキーボードもピアノも合間を縫って続けているわけだが、そうだなあ。ようやく自分の意志が手に現れるようになり始めた…やっと…良い兆候だ。ベースは打楽器論を深めるべく奮闘中です(音作りは相変わらず直観的で、周りに助けてもらってます…)

あ、そうだ、なんか、これからやろうとしている楽曲に対する感想を言い合う、みたいな場があったんだけど、そこで「小難しいこと言ってないでとにかく感じて波をつかもう」という人もいたし、情緒的表現に落とし込む人もいたし、風景や色、温度で細かく言及する人もいたし、それを見て言葉にできなくて結局会話には参加できない人もいたし、それを見ていらだつ人(わたしだ)もいたし…
でも振り返れば、その過程が最も大事だったわけ。誰かに作曲/編曲してもらったものを「こなして」しまう瞬間、「AIでええやん」の世界になるけど、そこで言葉でもフィーリングでも比喩でも目力でもなんでもいいから「ここからはこう聞こえるぞ」、んで演奏すると「こうなるよ」のステップを少しずつやり取りする、と、自ずと特徴のある音楽になっていくんだなアと思った。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

つまり

2017年も音楽!

具体的に意訳すると

2017年も音楽を通して人間への理解を深められるように、健康に音楽に取り組むし、
音楽以外―人間と医療の関係の探求(鍼灸含む)・仕組みを変えるテコ作り(ようやく見えてきた仕事のおもしろみ)・優しい人になる(まじめです)―も取り組む。
わがままだしブレてるよ、と優しく声をかけてくれる人もいますが、何とかやってるので楽しみに待っていてください。

あ、この記事、音楽のことだった…まあなんというか、音楽は別に独立していないのですな。字面からは読み取れないし読み取れるような工夫が出来ていないけど、音楽は一つの感情のようなものだな。うむ

2017年も音楽!どうぞよろしくお願いします。

TBT

*TBT初めてこのジャンル真面目に聞いたので、まだまだ勉強中。

**音出しのマナー見直し月間、始まります

広告
カテゴリー: Sake

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中